テクニカル分析

  • ストキャスティクス

    RSIと似ていて、「買われすぎ」「売られすぎ」を一目で教えてくれる指標ですので、「売られすぎ」が買いサインで、「買われすぎ」が売りサインだと単純に覚えられます。 RSIと違う点は「...

    続きを読む

  • DMI

    「DMI」は、RSIやストキャスティクスなどの、トレンド系指標の欠点をカバーする際の指標として、使えるのが特徴です。 主に、トレンドの有無と強弱を探ろうとするものだということを頭に...

    続きを読む

  • MACD

    「MACD」(マックディー)とは、通常使っている単純移動平均線(SMA)ではなく、 指数平滑移動平均線(EMA)の短期線と中期線の平均値を示す指標です。 また、MACDと...

    続きを読む

  • RSI

    RSIとは、為替相場が「買われすぎ」あるいは「売られすぎ」を見極めるためのチャートです。 RSIを確認することにより、FX取引における為替レートの高値買い、あるいは安値売りによる損...

    続きを読む

  • ダブルトップ・ダブルボトム

    ダブルトップ・ダブルボトムとは、チャートで現れるシグナルの一つです。 ダブルトップ 天井圏で出現する事が多く、売りのシグナルになります。 ダブルボトム 底値圏で出現する事...

    続きを読む

  • 保ち合い

    保ち合い(もちあい)とは、相場が上にも下にも大きく動けず、一定の範囲の中で往来を繰り返す状態を言います。 図の中の青い線を上値抵抗線、赤い線を下値支持線と言います。 高値・安...

    続きを読む

  • 支持線・抵抗線

    支持線とは、別名サポートラインといい、下値支持線と呼ばれることもあります。 下値支持線は、為替相場が下落しつつある場合に、支持される価格のことで、チャートの安値を結んだ線のことをい...

    続きを読む

  • 移動平均線

    移動平均線とは、一定期間のにおける価格の平均値を表したもので、数あるテクニカル指標の中でも最もよく使われるものであり、テクニカル分析のスタンダートとされています。 そして、移動平均...

    続きを読む

  • ろうそく足

    株価や為替の値動きをわかりやすく、グラフ化したものをチャートと呼びます。その代表的なものが、ろうそく足です。これをFXでも利用します。 ある期間の始値、高値、安値、終値の4つの値段...

    続きを読む

記事一覧 (この部分をクリックすると一覧が表示されます。)